スタッフ日記

宮中の七夕にタイムスリップ!乞巧奠 (きっこうでん)

先日、品川の下神明天祖神社で行われた、神明雅楽の乞巧奠を観に行かせてもらいました。

乞巧奠 (きっこうでん)とは、かつて宮中や貴族の私邸で行われていた七夕の行事のこと。

乞巧とは、「乞(たくみ)なることを巧(こ)う」、は神に捧げものを祭ること。

技芸上達を求めるお祭りのこと。

ルーツは古代中国の星辰信仰にあり、牽牛星に畜産、織女星に被覆の技術向上を祈る庶民のお祭りが上流階級に広まり、優婉閑雅な年中行事となったそうです。

牽牛と織女が大空で行き逢う7月7日の夜は、一年に一夜のみ許された歓びの時であり、その幸せの成就をともに喜び、星からの福徳の余慶をいただく日。

だから短冊に願いを込める。

知らなかった・・・。

▲和歌の披講 初めて聞く披講にうっとり。

二星を祀る祭壇は「星の座」と呼ばれ、香、華、灯明、山海の調味、楽器などの2組そろえて二星に供します。

▲配列なども歌になっているそうです。
うりなすび ももなし からのさかづきに ささげらんかづ むしあわびたひ
(瓜・茄子・桃・梨・空の杯・豇豆・蘭花豆=油で揚げた空豆・蒸鮑・鯛)

▲糸や針の仕事を司る織女に。

▲五色の布は、中国の五行説に基づいた配色で、梶の葉を天の川を渡る舟にみたてているそう。

▲舞楽「萬歳楽」祝賀の宴に用いられる舞。

夏の夜風が心地よい、あっという間の一時。一気に平安時代にタイムスリップしたかのような、不思議な時間を過ごさせてもらいました!

今頃、牽牛と織女は会えてるかな?

アズライトを見る>>

関連記事

  1. スタッフ日記

    ヒマラヤ・カンチェンジュンガ水晶仕入れました!

    店長の米山です。本日、美しすぎるヒマラヤ産の水晶と出会ったので…

  2. スタッフ日記

    春爛漫!桜色の丸玉とお出かけ。

    待ちに待った春が来ましたね!!暖かくなったと思ったら雪が降っ…

  3. スタッフ日記

    東京・愛宕神社「出世の石段」を登って仕事運アップ!

    東京の中でも東京大神宮と並び、とっても気の良いことで有名な愛宕神社!…

  4. スタッフ日記

    丸玉はお出かけのお共に最適!

    お出かけする時は、必ず石を持ってお出かけします!一番のオススメはやっ…

  5. スタッフ日記

    マヤ暦の新年がやってくる!

    今マヤ暦では、年末の忙しい時期に入っています。そして、最後の赤い蛇と…

  6. スタッフ日記

    浄化をするとお家の神様も喜ぶ!

    なんかモヤモヤした時、物事がスムーズに進まない時、実は神様からのメッ…

  1. アリゾナ セドナetc

    鉱物の街 Arizona Tucson
  2. ワクワクする鉱物の話

    【ワクワク鉱物図鑑2】地下の世界巨大クリスタル!
  3. アリゾナ セドナetc

    アメリカの聖地を巡る浄化の旅 ① LAからR66
  4. マヤ暦

    12.黄色い人:感動を伝え人生を変容させるプロモーター
  5. 成功する経営者と水晶の話

    【 成功する経営者と水晶の話】1. 経営者にとっての「選択」とは
PAGE TOP